大阪府東大阪市のリフォーム会社
〒577- 0036 大阪府東大阪市御厨栄町1丁目1番6号
東大阪のリフォーム会社サンライフ
住宅リフォームお客様の声
リフォーム施工例
東大阪リフォーム会社サンライフ
採用情報
リフォームのお問い合せ
リフォームで新築に変身のコーナー トイレのリフォーム システムキッチン 家の修理の悩み相談 オール電化 リフォーム職人紹介
家の修理の悩み相談 無料リフォーム相談 スタッフブログ 住宅関連設備カタログ 個人情報の取扱 リンク

大阪

リフォームや増改築は究極のオーダーメイドです。

『予算内に仕上げるにはどうしたらいいか』
・リフォーム・増改築は新築より費用がかかる
・工事費だけでなく諸経費を念頭に設計を練る

リフォームや増改築の費用は、工事の内容によって大きく違ってきます。
たとえば外壁の塗装ひとつとっても、足場を組んで塗装する場合と、足場を組まないでする場合とでは、工事費はまったく違います。また、材質によっても異なります。いま人気のフローリングにするにしても、音が下の階に響きにくいものほど1㎡当たりの単価は高くなります。使う材質によっては高くも安くもできるわけです。
それに加えて、工事上のさまざまな条件によっても費用は違ってきます。リフォームや増改築はそれまでの設備を撤去して、新しい材料を運び込まなければなりません。運搬のしやすいところであればいいのですが、私道の奥で材料の運搬が大変な場合などは、費用も余分にかかります。
あるいは、浴室を新しくするだけといっても、土台に補強が必要であれば、その分の工事が必要になって、費用もグンと跳ね上がります。
リフォームや増改築は究極のオーダーメイドです。似たような工事をしたからといって、費用も同じくらいになるとは限りません。住宅を建てるときの工事費は坪単価で表すのが一般的ですが、坪単価で増改築の工事費をみますと、新築よりは割高になるのが通例です。これを念頭において予算を立てます。増改築をするのにどんな材料を使って、どのくらいの期間かかるのかを見極めて、総工事費をはじき出し、予算を作るのが理想的です。しかし、専門家以外の人が概算とはいえ、総工事費を算出するのは簡単ではありません。

住宅やマンションなど建物を建てる場合は、建築基準法に基づいて建築確認申請を、最寄の市区町村役場に提出する事が義務付けられています。住宅を増築する場合でも、床面積が10㎡以上であれば、新築のときと同様に建徳確認が必要です。大阪 リフォーム

住宅やマンションなど建物を建てる場合は、建築基準法に基づいて建築確認申請を、最寄の市区町村役場に提出する事が義務付けられています。住宅を増築する場合でも、床面積が10㎡以上であれば、新築のときと同様に建徳確認が必要です。
建築基準法では、住環境を守る為に建ぺい率や容積率をはじめ、高さ、構造、材料などいろいろな規制が盛り込まれています。場所によっては火災の際に延焼を防ぐ目的で、防火地域や準防火地域の指定がされています。こうした指定地域で増改築するときは、屋根や外壁、窓などを不燃材料にする必要があります。防火地域、準防火地域で増改築する場合は、10㎡未満であっても建築確認申請が必要です。
増築にあたっては、まず現在自分が住んでいるところには地域指定や建ぺい率などどんな規制があるのかを、市区町村の建築担当課に行って調べます。
そのうえで、どのような増築ができるのか、建築事務所や工務店などと相談します。
面倒がってこうしたチェックを怠り、無許可で建築すると、不適格と判断され、改善を要求されたり、撤去されることになりかねません。役所とトラブルを起こすもとになります。
建築確認は申請を出してから、審査に3週間程度かかります。それに申請料(増築面積によって8000円~16000円くらい)も必要ですが、増築は建築確認をとってから行うのが最善の方法です。



二戸建ての増築

たとえば、水回りを変えようとした時に配管を動かせるのか、動かせるとしてどの範囲まで可能かなど、細かくみてキッチンや浴室などの配置を決めます。大阪 リフォーム

壁紙の張替えや畳の表替えなどの、部分的なちょっとしたリフォームならば、これのみを生業としている表具屋さんか畳屋さんに依頼すれば間に合います。
それが、屋根を葺き替えたい、基礎をなおしたい、キッチンや浴室などの水回りをなおしたい、間取りを変えたいという大がかりな改修のときには、設計事務所や工務店、リフォーム会社などの専門家に相談するのがベストです。リフォーム・増改築の工費はもちろん、デザインなども総合的に判断してくれるからです。
専門家はまず、リフォームや増改築する建物を診断した上で、より専門的な立場にたってアドバイスしてくれます。
そのうえで適切な材料や設備などを使い、予算や工期に見合った適正なリフォーム・増改築の概要を設計してくれます。ですから、工事に入ってから設計変更をしなくて済み、結果的に低コスト、短期間で増改築ができます

浴室を新しくするだけといっても、土台に補強が必要であれば、その分の工事が必要になって、費用もグンと跳ね上がります。

リフォームや増改築の費用は、工事の内容によって大きく違ってきます。
たとえば外壁の塗装ひとつとっても、足場を組んで塗装する場合と、足場を組まないでする場合とでは、工事費はまったく違います。また、材質によっても異なります。いま人気のフローリングにするにしても、音が下の階に響きにくいものほど1㎡当たりの単価は高くなります。使う材質によっては高くも安くもできるわけです。
それに加えて、工事上のさまざまな条件によっても費用は違ってきます。リフォームや増改築はそれまでの設備を撤去して、新しい材料を運び込まなければなりません。運搬のしやすいところであればいいのですが、私道の奥で材料の運搬が大変な場合などは、費用も余分にかかります。
あるいは、浴室を新しくするだけといっても、土台に補強が必要であれば、その分の工事が必要になって、費用もグンと跳ね上がります。

・リフォーム・増改築は新築より費用がかかる 大阪 リフォーム

予算内に仕上げるにはどうしたらいいか
・リフォーム・増改築は新築より費用がかかる
・工事費だけでなく諸経費を念頭に設計を練る

リフォームや増改築の費用は、工事の内容によって大きく違ってきます。
たとえば外壁の塗装ひとつとっても、足場を組んで塗装する場合と、足場を組まないでする場合とでは、工事費はまったく違います。また、材質によっても異なります。いま人気のフローリングにするにしても、音が下の階に響きにくいものほど1㎡当たりの単価は高くなります。使う材質によっては高くも安くもできるわけです。
それに加えて、工事上のさまざまな条件によっても費用は違ってきます。リフォームや増改築はそれまでの設備を撤去して、新しい材料を運び込まなければなりません。運搬のしやすいところであればいいのですが、私道の奥で材料の運搬が大変な場合などは、費用も余分にかかります。
あるいは、浴室を新しくするだけといっても、土台に補強が必要であれば、その分の工事が必要になって、費用もグンと跳ね上がります。サンライフ

賃貸では、退去時の事を考えてリフォームして下さいね 大阪 リフォーム

賃貸のリフォームは『現状に戻す』が基本
民間の賃貸マンションも公団・公社の賃貸住宅も、住居者が勝手にリフォームする事はできません。
壁紙の張替えのような、ささいな模様替えであっても、必ずオーナーの許可が必要です。
入居時に賃貸契約書を取り交わしますが、この中にはオーナーの負担となるものは設備機器の老朽化にともなうものが主で、畳表の取替えや障子紙、ふすまの張替え、浴槽本体の取替えなど、日常の使用によって傷んでくるものは、居住者の負担となるのが一般的のようです。
居住者が負担しなければならない改修であっても、事前にオーナーの承諾を得ておく事が、トラブル防止のもっともよい手段です。
賃貸ではいろいろな制約があっても、入居人にとっては自分の住まいだから、快適に住みたいと思うのは自然な事です。そこで居室に手を加える事になります
オーナーの許可を得て改築するとしても、やはり限られたリフォームになってしまいます。
これまでの事例では、和室を洋室に替える、四畳半の和室についている一間の押入れを2段ベッドにする、浴室の給湯システムを刷新する、トイレの便器をウォシュレットにする、壁のクロスを貼りかえる、古くなったキッチンセットを新しくする・・・などです。
賃貸ではあまり大きなリフォームはできません。というのも、入居人が所有者でないため、退去時には現状に回復、すなわち借りた時の姿に戻さなくてはならないからです。大金をかけて住みやすくしたとしても、また元に戻すのにそれと同じか、場合によってはそれ以上の金額をかけて借りた時の姿にしなくてはなりません。そのため、最低限のリフォームで済ませる事が多いのです。
公団住宅になると、ふすまの貼り替えをして、もとよりキレイになったとしても、公団仕様のふすま紙に貼り替えなければなりません。退去時にはふすま紙まで現状回復しなければならないのです。賃貸では、退去時の事を考えてリフォームして下さいね。

屋根をガラス張りにしたもの、三角出窓、窓台の下を収納にしたものなど、用途に応じて選ぶ事ができます。

在来工法の住宅に、サッシメーカーの既製品の出窓を取り付けた例です。食堂南側の窓と、台所流し台の前と、トイレの窓を出窓にしました。台所の出窓は広さを感じさせるので、床面積は変わらないのに開放感がでました。トイレは小窓ですが、換気と収納を兼ねて、機能を重視しました。
出窓は使い勝手と雰囲気づくりにはピッタリですが、雨戸がつかない、窓の掃除がやりにくいなどのマイナス面もあります。また、出窓でも床上30cm以下、奥行50cm以上は床面積に算入されます。場所によっては建築確認も必要になるので注意が必要です。
最近では、出窓サッシといって大きさや材質、仕上げのさまざまものが、サッシメーカーから販売されています。屋根をガラス張りにしたもの、三角出窓、窓台の下を収納にしたものなど、用途に応じて選ぶ事ができます。大阪 リフォーム
出窓

ざっくばらんにリフォーム・増改築の内容と予算を専門家に提示して、相談するのがよいでしょう。専門家はそれによって、設備のグレードや工事内容を調整し、予算額に見合った見積書を出してくれます。大阪 リフォーム

今日はリフォームの予算的なお話しをしたいと思います。

『予算内に仕上げるにはどうしたらいいか』
・リフォーム・増改築は新築より費用がかかる
・工事費だけでなく諸経費を念頭に設計を練る

リフォームや増改築の費用は、工事の内容によって大きく違ってきます。
たとえば外壁の塗装ひとつとっても、足場を組んで塗装する場合と、足場を組まないでする場合とでは、工事費はまったく違います。また、材質によっても異なります。いま人気のフローリングにするにしても、音が下の階に響きにくいものほど1㎡当たりの単価は高くなります。使う材質によっては高くも安くもできるわけです。
それに加えて、工事上のさまざまな条件によっても費用は違ってきます。リフォームや増改築はそれまでの設備を撤去して、新しい材料を運び込まなければなりません。運搬のしやすいところであればいいのですが、私道の奥で材料の運搬が大変な場合などは、費用も余分にかかります。
あるいは、浴室を新しくするだけといっても、土台に補強が必要であれば、その分の工事が必要になって、費用もグンと跳ね上がります。
リフォームや増改築は究極のオーダーメイドです。似たような工事をしたからといって、費用も同じくらいになるとは限りません。住宅を建てるときの工事費は坪単価で表すのが一般的ですが、坪単価で増改築の工事費をみますと、新築よりは割高になるのが通例です。これを念頭において予算を立てます。増改築をするのにどんな材料を使って、どのくらいの期間かかるのかを見極めて、総工事費をはじき出し、予算を作るのが理想的です。しかし、専門家以外の人が概算とはいえ、総工事費を算出するのは簡単ではありません。
むしろ、ざっくばらんにリフォーム・増改築の内容と予算を専門家に提示して、相談するのがよいでしょう。専門家はそれによって、設備のグレードや工事内容を調整し、予算額に見合った見積書を出してくれます。希望条件や設備のグレードだけが先行して、その通りの見積もってみたら、高いといわれる事がよくあります。見積もる側にとっては、はじめに大体の予算額を聞き、それにあった増改築の計画を作るほうがやりやすいのです。
費用は工事費だけではありません。設計料、役所への届け出などの費用、仮住まいの費用、税金まで、すべて予算に計上し、総合的な予算計画とする事が必要です。それでも、不確定要素や工事の変更もあります。その費用もみておかなければなりません。余裕をもった予算をたてましょう。なお、リフォームローンについては、また後日じっくり説明しますね。


リフォームローン

大阪 リフォーム賃貸マンションでのリフォームは、退去時のことを考えてリフォームしましょう!!

先日はマンションリフォームの制約について書いてみましたが、次「賃貸マンションでのリフォーム」についてお話しようと思います。

民間の賃貸マンションも公団、公社の賃貸住宅も、居住者が勝手にリフォームすることは出来ませんッ

壁紙張替えの様な些細な模様替えでも必ず!!オーナーの許可が必要なんですよ。

入居時に賃貸契約書を交わしますが、このなかにはオーナーの負担で改修をするものと、入居者の負担で改修しなければならないものが有ります。

オーナー負担となるものは、設備危機の老朽化に伴うものが主で、畳表の取替えや障子紙、襖の取替え、浴槽本体の取替えなど、日常の使用によって傷んでくるものは、居住者の負担となるのが一般的のようです。

居住者が負担しなければならない改修であっても、事前にオーナーの承諾を得ておくことがトラブル防止の最も良い手段です。

賃貸ではいろんな制約があっても、入居人にとっては自分の住まいだから、快適に住みたいと思うのは自然なことです。

そこで居室に手を加えることになります。

オーナーの許可を得たところで、やはり限られたリフォームにはなってしまいます。

これまでの事例は、和室を洋室に、四畳半の和室についてある一間の押入を2段ベッドにする、浴室の給湯システムを刷新する、トイレの便器をウォシュレットにする、壁のクロスを張り替える、古くなったキッチンを新しくする・・・などです。

賃貸では余り大きなリフォームは出来ません。

と言うのも、入居人が所有者ではないため、退去時には現状に回復。要は借りたときの状態に戻さなくてはならないのです。

大金をかけて住みやすくしても、また元に戻し、同じ額もしかしたらそれ以上の額を使って借りたときの状態に戻す・・・
だからこそ賃貸リフォームでは最低限のリフォームで済ませることが多いのです。

賃貸マンションでのリフォームは、退去時のことを考えてリフォームしましょう!!

大阪 リフォーム

お子さんが独立して、不要になったピアノやオルガンや勉強机などを処分するのを機に、サイドボードなども取り払ってスッキリさせちゃおう!なんて思っている方も多いはず。

その際にリフォームして飾り棚をつくりつけるのはいかかでしょう?


幅約2間の壁面を全て床から天井までのつくりつけの飾りだなにしたなら、地震のときにも「棚ごと転倒して下敷きに・・・!」なんて心配はありません。

つくりつける際、飾り棚の奥行きが大きいと狭く感じて圧迫感も出るので、収納スペースとの折り合いを付けて、考えてみてください。

大体奥行45cmくらいなら圧迫感も感じることなく、収納スペースもきっちり確保できるでしょうか。大阪 リフォーム サンライフ

大阪にお住まいの方へ!リフォームは、激安価格で、費用の提案。リフォーム大阪 サンライフにおまかせください。

リフォーム お客様のご希望に添った提案を心がけております。
東大阪市・大阪市のリノベーションを検討中の方は、是非サンライフ丸岡にご相談下さい。
費用の相談・工事期間の相談大歓迎です。お電話お待ちしております。おおよその料金をお伝えします。
マンションのリフォーム( 大阪 )についての相談急増中。
住まいの増改築・修理とリフォーム。お洒落な住空間を提案します!
大阪 府下どこでも、迅速な対応を心がけております。
品質にこだわる安心の住宅リフォーム(大阪)

ユニバーサルデザインリフォームで、はじめよう!安心・快適生活。
玄関ホール・階段リビング・ダイニング(その1)リビング・ダイニング(その2)サニタリー(浴室)
サニタリー(トイレ・洗面脱衣室)システムキッチン(その1)システムキッチン(その2) システムバス・浴室・給湯機の取り替え
便器・洗面化粧台・パーツ取り替え・内装工事LDKのリフォーム・洋室のリフォーム床材・天井・壁材・建具・クローゼット・収納パーツ
玄関ドア・内窓・外装まるで新築くん
全面改修


株式会社 サンライフ
(建築設計事務所)
本社
:〒577-0036  大阪府東大阪市御厨栄町2丁目13番24号
ショールーム :〒577- 0036 大阪府東大阪市御厨栄町1丁目1番6号(イオンタウン小阪2階)
TEL:06-6788-0081  FAX:06-6788-7476
二級建築士事務所 大阪府知事許可(い)第8141号
建設業許可 大阪府知事許可(般ー24)第127972号
建設物耐震診断士 大阪府知事許可(02-阪)第1064号

建築総合保険加入店

大阪の東大阪・八尾・門真・大東・守口 周辺で、地域密着の仕事をしています。
網戸取替~デザイン設計・外壁塗装・リノベーション工事まで幅広く仕事をしています。
東大阪市・大阪市のマンションリフォーム実績多数。無料見積り。
キッチン・外壁塗装、見積もり無料


くみとり式から水洗式トイレへ改装・簡易水洗トイレの相談件数も多数ございます。


リフォーム相談(大阪)
新築に勝るリフォーム(大阪)

リフォーム - お客様の声 - 会社案内 -ガス給湯器 - リンク - 家の修理は東大阪のサンライフ(工務店) - 新築に変身のリフォーム例 - オール電化
地震対策も兼ねたリフォーム - 台所(キッチン)の改装- 浴室の修理・浴室の改装工事 - トイレの修理・便所の改装工事 - 洗面所の修理・改装リフォーム
外壁の修理 マンションリフォーム 求人募集 NEW(大阪にてリノベーション業務に興味のある方)


【大阪府下:対応エリア】 トイレの交換・風呂の不具合を修理・キッチンの取付け・給湯器の修理その他
・東大阪市 ・八尾市 ・柏原市 ・羽曳野市 ・藤井寺市 ・松原市 ・河内長野市 ・大東市 ・四條畷市 ・門真市 ・守口市 ・寝屋川市 ・枚方市
・豊中市 ・富田林市 ・堺市 ・堺市堺区 ・堺市中区 ・堺市西区 ・堺市東区 ・堺市南区 ・堺市美原区 ・吹田市 ・摂津市 ・箕面市

【大阪市内:対応エリア】 風呂の修理・キッチンの交換・補助器具の取付け・屋根の修理、その他
・生野区 ・東成区 ・旭区 ・鶴見区 ・城東区 ・平野区 ・阿倍野区 ・北区 ・此花区 ・住之江区 ・住吉区 ・中央区 ・天王寺区 ・浪速区 ・西区
・西成区 ・大正区 ・東住吉区 ・西淀川区 ・東淀川区 ・福島区 ・港区 ・都島区 ・淀川区

(株)サンライフは、保証会社の日本リビング保証株式会社と提携しております。修理保証が最長10年なので、ご安心いただいております。


Copyright (C) Sunlife Corporation. All Rights Reserved. 住宅リフォームのサンライフ(東大阪市近鉄小阪駅北側すぐ)